砂漠に残った5億年前の海の証拠 クラゲの化石13個見つかる 米国デス・バレー

1: 名無しさん 2017/08/13(日) 08:26:06.25 ID:CAP_USER9
砂漠に残った5億年前の海の証拠 クラゲの化石13個見つかる 米国デス・バレー
2017年08月13日 06時00分
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21444.html

no title

透明でゼラチン質のクラゲが化石に??(イメージ画像/AC)

 海の中をフワフワ漂う優雅な存在クラゲは、体の大部分が水分を含んだゼラチン質のため、化石が残ることは滅多にない。
ところが最近、米カリフォルニア州内陸部の乾燥した砂漠地帯で、5億4000万年前のクラゲの化石が見つかった!

 カリフォルニア大学リバーサイド校のアーロン・サペンフィールドさんらの調査チームがクラゲの化石を見つけたのは、ラスベガスに近いデス・バレー国立公園の砂漠地帯。

 日本の岩手県とほぼ同じ広さの「デス・バレー」は、夏の気温は50℃近くに達し、1年間の平均降水量は5センチと、米国で最も気温が高く乾燥した「死の谷」の名前にふさわしい砂漠地帯だ。

 そんなカラカラに乾いた大地で、粘土質の砂が固まってできた砂岩の表面に残されていたのは、なんと13個部の化石。
つぶれたドーナツ状の凸凹は、クラゲのカサにあたり、その直径は3センチから最大で21センチほど。

 年代測定の結果、5億4000万年前のカンブリア紀の原始的なクラゲであることがわかったが、不思議なのは、なぜこの一帯だけに化石が集中して見つかったかと言う点だ。

 サペンフィールド氏は、現代ならばクラゲが死ねば、鳥やエビなどのエサになるが、
海洋の生態系が豊かだったカンブリア紀は、クラゲの死骸を狙う必要はなく、しばらくの間、同じ場所にとどまっている間に、粘土質の砂の中で化石化したのだろうと推測している。

no title

カリフォルニア州デス・バレーの砂漠地帯で見つかった5億4000万年前のクラゲの化石

no title

同じ場所に長い間止まるうちに化石化したという(2点ともAaron Sappenfield/University of California, Riverside)

引用元: http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502580366/

4: 名無しさん 2017/08/13(日) 08:30:38.31 ID:QqeZV+EL0
知ってた
5: 名無しさん 2017/08/13(日) 08:30:57.61 ID:ToRUiwlE0
普通のデコボコに見えた
7: 名無しさん 2017/08/13(日) 08:39:03.33 ID:TRaY83TG0
五億年前にクラゲに達してたのに、恐竜が一億年前、類人猿が数百万年前、人類が遺跡を残せるレベルになるのが一万年前
進化はまるで対数グラフだよなあ
11: 名無しさん 2017/08/13(日) 08:53:00.37 ID:ZRb/yKau0
良くわからん、じっと見てたら笑ってるおじさんの顔に見えてきた。
13: 名無しさん 2017/08/13(日) 08:57:09.71 ID:8p66Mq700
上手く削ればいけそう
17: 名無しさん 2017/08/13(日) 08:59:43.73 ID:VvQS1p8K0
化石じゃなくただの岩じゃね?
20: 名無しさん 2017/08/13(日) 09:22:37.30 ID:zmRD+Vvi0
アメリカって全てが揃ってるよね
29: 名無しさん 2017/08/13(日) 10:24:39.86 ID:owCjGjKn0
>>1
なぜクラゲだと断定できたのか
30: 名無しさん 2017/08/13(日) 10:25:34.03 ID:o1nMW8/X0
>>1
>no title

コレをクラゲと判断するのは無理があるんじゃまいか

22: 名無しさん 2017/08/13(日) 09:30:28.20 ID:s265rRXA0
全く分からない
だが化石って奥が深いってのは分かった

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です